雨漏りの原因と修理方法

subpage01

雨漏りの原因として、外壁や屋根の取り合い部分に打設しているシーリング材が経年劣化して切れてしまう事が考えられます。外部で尚且つ高い位置にあり、お客様の目が届かない部分であるためメンテナンスし辛く漏水の原因になりやすいです。

雨漏り火災保険の情報もあります。

また、屋根と外壁の取り合い部分は水が溜まりやすく、その部分から雨漏りした場合は早急に修理の必要があります。
修理の方法としましては、家を新築した時の工務店様や雨漏り専門の業者様に依頼をして、その取り合い部分を確認してもらいます。確認後にシーリングの劣化箇所を明確にして、その部分を撤去して再度シーリングを打設します。

そこで、修理は完了するのですがその際に建物全体もチェックしてもらった方が良いです。建物自体の経年劣化が進んでいるため、その箇所以外にも今後漏水の原因となる部分が判明する可能性があるからです。


外壁部分の亀裂やサッシ周りのシーリングなども原因として考えられます。

毎回、漏水事に修理をしていては、足場を設置したりなど工期も工事費用をかかってしまいます。
そうならない様にするためにも、一度に原因と考えられる部分を修繕と良いです。

47NEWSのことならこちらをご活用ください。

お客様自身も今後の雨漏り対策として専門業者様や工務店様から指摘があった部分や、どうして漏水したかを聞き、メモを取る事によって今後同じ様な事例が起こった時に焦らず対応が出来ます。この様な心掛け一つでお客様の住んでいる家が居心地良く過ごす事が出来ます。