雨漏りを修理してもらうには

main-img

木造建築の一戸建ては、少しでも長持ちさせるためにも雨漏りに気づいたら、すぐに修理してもらいましょう。


室内に水滴が落ちてきているときには、雨漏りが進行しています。

気になるWeblio辞書をさらに詳しく調べてみませんか。

屋根に問題が発生していて雨が入り込んでいたとしても、天井板や壁紙が施工されていますので、すぐには水滴が落ちないようになっているからです。


蓄積された雨水が原因で天井板や壁紙が柔らかくなって、そこから水が染み出してしまうには、ある程度の時間がかかります。


雨漏りが発生したときは、すぐに屋根に登ろうとせずに、工務店に問い合わせて見ましょう。

雨漏り修理の珍しい情報をご紹介しています。

雨の日は屋外の施工ができませんから、すぐに修理してもらうのは不可能です。



工務店の都合で、その日に予定されていた作業が雨天順延になっていると、タイミングが合えば現地実況確認に訪問してもらえる場合があります。

雨漏りを修理してもらうのに最適なのが、現実に水滴が落ちている様子を確認してもらうことです。水滴が落ちるスピードやリズムで、溜まっていた水なのか、リアルタイムで雨が流れ落ちているのかも判別しやすくなります。


実際に屋根に登って確認作業を行なうのは雨が上がってからですが、雨の日だからこそ訪問してもらえる場合があることを覚えておきましょう。

口頭で説明するよりも、実際の雨漏りを見てもらったほうが、原因が分かりやすいからです。


問い合わせた当日に訪問してもらえるとは限りませんが、まずは問い合わせをすることが大切です。
可能ならば動画で撮影しておきましょう。
水の落ちる様子は、動きと音がポイントです。

意外な真実

subpage01

棟板金で施工されている屋根から雨漏りが発生したら、まずは棟板金の状況を確認してもらいましょう。基本的に屋根の確認は、専門業者に依頼します。...

more

生活の秘訣

subpage02

木造建築の家は、外壁の亀裂から雨水が入ってきてしまう場合があります。外壁から入ってきた雨水は、すぐには雨漏りにならずに、最初はシミとなって現れます。...

more

皆が知りたい情報

subpage03

スレート屋根は、スレートが割れてしまうと雨漏りが発生してしまいます。スレートの割れは、縦方向に割れる場合が多いのが特徴です。...

more

身に付けよう

subpage04

雨漏りの原因として、外壁や屋根の取り合い部分に打設しているシーリング材が経年劣化して切れてしまう事が考えられます。外部で尚且つ高い位置にあり、お客様の目が届かない部分であるためメンテナンスし辛く漏水の原因になりやすいです。...

more